☆☆☆以前のNEWSはこちらから☆☆☆

アースデイTOKYO2021に出展しました                        2021.4.29

4月17日(土)、18日(日)に東京の代々木で開催されたアースデイTOKYOというイベントに参加しました。
このイベントは、皆で地球の事を考える日(4月22日)アースデイにちなんで1990年から毎年開催されているイベントです。
会場には、それぞれが考える地球への貢献を形にしたブースが並びます。
ブースの内容は、私達の様な動物関連のブースと衣類に関連するブース、飲食に関連するブースが多いように感じました。


今回、コロナのリスクを背負いながらも参加した理由は、もちろんタイの象の為です。

結果からお伝えすると、象にとっても私にとっても意味のある出店となりました。
集まった寄付総額は、 127,400円。
これは、17頭の約12日分もの草代になります。あと、バナナが少し買えるかな♪
寄付のほとんどはグッズ購入によるものですが中には募金して下さった方もいらっしゃいました。
本当に感謝の思いでいっぱいです。



今回のイベント出展に至るまでにはこんな経緯がありました。
アースデイ事務局から参加募集のメールが届いたのは3月20日。これまで参加履歴のある団体からのみ募集という内容でした。
世の中はこんな状況...、商品もなければ、準備の時間もあまりないなぁ...、等々多くの不安があり一度は諦めることに。

その翌日。アースデイの情報を知るはずもない現地スタッフの1人から、今後の資金に関する連絡があり サポートを依頼されたのです。なんというタイミング...。

ただ、それでも迷う理由はコロナの存在だけではありませんでした。
2018年の出展で要した経費と集まった寄付はほぼ同額。
コロナ禍の今、マイナスとなる可能性はかなり高い...。だけど、何もしなければ何も変わらない...。
そんな事を何度も繰り返し考えていたのですがホームの象たちの事を思えば思うほど出展を諦められない気持ちが強くなりました。

現地からのライブ配信ではこの先の危うい状況は、恐らくあまり伝わっていないと思います。
なにしろ、タイ人は、その日、その時を生きるタイプなので今がそれほど危うくなければOK。
日本人の様に先のさらにその先の事まではあまり考えません。
そこが良いところ、と言うか好きなところでもあるのですが、今はそれが不安要素の1つだったりします。
だからこそ、コロナがまん延し始めて以来、自国アメリカの人々に支援を求め続けタイエレファントホームを支えているTさんの存在は大きく、 私も、そんなTさんがいるからこそ頑張れるところがあります。

タイエレファントホームに住むアメリカ人のTさん。
今ではスタッフの一員として象と象使いをサポートしています。


話はそれましたが、今回は、資金を集めることだけを目標にせず、次に繋がる出展“伝える出展”を目指し参加することに決めました。
当日は、人と人が上手く距離を取って過ごせるほどの来客数でしたが沢山の方が私たちのブースを訪れてくれました。
そして今回のイベントで一番印象的だったのは、何人もの人が「知ってる!知ってる!タイの象達仕事無くなって大変なんだよね!」 とこちらの説明が終わるのを待たずにおっしゃったことでした。
タイの象たちの事を事前に知って下さっている方が多い事に助けられながらも タイで働く象の存在がこんなにも日本の人々の気にとまる世の中になったのだと感じました。

結果、冒頭にお伝えした通り、ボランティアとしては次に繋がる出展、 タイの象たちにとっては沢山の寄付金(ご飯代)が集まる、とてもいい結果となりました。
今はホッと胸を下すばかりです。

とは言っても、コロナ禍が収束するまでは落ち着いていられないので、 今回繋げたものを大切に象たちへ繋いていかなければなりません。
ただ、とりあえずは、コロナの感染リスクがあるにもかかわらず、応援を兼ねて会場に足を運んでくださった皆さまと 力を貸してくれたお手伝いメンバーの皆に心から感謝しつつ、アースデイTOKYOの報告と致します。
雨の1日目と強風の2日目を笑顔で乗り切ってくれたスタッフ。

タイエレファントホーム主催リモートエレファントライドを開催しました                2020.9.12

8月30日(日)と9月12日(土)にZOOMを利用したエレファントライドのライブ配信イベントを開催しました。
このイベントは、タイエレフェントホーム主催で、コロナの影響で収入の無くなった象たちをご支援下さった日本の方々へのお礼として開催されました。

内容は、8月30日が“ジャングル&泥遊び”、9月12日は“ジャングル&川で水浴び”をそれぞれライブ配信。
リアルタイムで象との森散歩を楽しめるものでした。
≪8月30日≫無料配信。Facebookでご覧頂けます。
≪9月12日≫有料配信。1,000円の支援金で録画+象の紹介動画をご覧頂けます。
視聴ご希望の方は、1,000円を象との絆口座へお振込の上でお問い合わせページよりメールアドレスをご連絡ください。 お知らせ頂きましたメールへ動画データを送信いたします。
また、お振込み方法等が分からない場合は、お問い合わせページからご連絡下さい。

また、今回、タイからは支援のお礼で配信がしたいとの相談でしたが、 タイエレファントホームが現状ギリギリの経営であることを知っている私たちとしては これを機に皆さまに再度ご支援をお願い出来ないか、という思いで急遽チャリティーTシャツの販売をさせて頂きました。
結果、私たちが望んだ以上の寄付金が集まりました。 寄付頂きました皆さま、本当にありがとうございました。
※詳細は、現地への送金が完了次第ご報告予定。
現地に報告すると、マネジャーのジョーや今回の配信をサポートしたアメリカ人のTさんは 集まった金額に驚き、そしてとても喜んでくれましたよ。

そして、ほんの僅かではありますが、タイエレファントホームにはエレファントライドのお客様が訪れ始め最悪の状況からは脱しつつあると感じています。
コロナによる今の状況がいつまで続くかは分かりません。
ですが、きっと皆で乗り切れる!と今回思うことが出来ました。

みなさま自身も大変な状況の中、ご支援頂きましたことに心より感謝しています。
現地に代わりお礼を申し上げます。⇒集まった寄付金報告はコチラ
そして、今回の配信がタイの皆の力になったように、日本の皆様の力にもなっていますように✩

P.S 辛い事があった時には、ハッピーバースデ―ソングの後のジョーの笑顔に癒されてくださいね(笑)(ゾウじゃないんかい!)
  

タイエレファントホームナーサリー高台建設支援のお礼とご報告              2020.4.1

 象との絆では、2020年2月中旬~3月末までの間、親子の象が働いているタイエレファントホーム ナーサリーという施設で建設中の高台の支援金を募集いたしました。 と言うのも、この施設のオーナーには象との絆の設立当初から大変お世話になっているのですが、 そのオーナーであるサティエンさ んが2月中旬に病気で倒れ体の自由が利かなくなってしまったからです。
 私がこの活動を続ける中、行き詰る度に助けてくれた彼に今こそ恩返しが出来たら...と考えついたのが、 現在、ナーサリーに建設中の高台建設の支援でした。
 この高台は、ナーサリーで暮らす象達を雨季に起こる施設の浸水から守る為のものです。
象との絆のメンバーの中にはナーサリー訪問者も多いので、サティエンの助けになるだけでなく、 寄付する側の方々の今後の訪問時の楽しみにも繋がるのでは?という思いから、この支援をすることに決めました。

 そして今回、HPおよびFBからの呼びかけを行いましたところ、 35名の方から目標金額の20万円を超える総額25万6140円 の支援金が集まりました。こちらに、ボランティアからの4万3860円を加え、30万円を寄付致します。
 皆様、ご協力頂きましてありがとうございました。現地スタッフに代わりまして、心より感謝申し上げます。
 また、引き続き高台の建設状況と寄付金贈与について報告を行いたいところではありますが、
コロナウイルスの影響により4月末のタイ訪問が難しくなりました為、この状況が治まり次第皆様にご報告出来ればと考えております。
ぜひ、楽しみにしていて下さい。

※下記画像より、支援金募集時の詳細をご確認頂けます。
 また、スタッフのタイ訪問が延期となったことから引き続き寄付が可能です。 象グッズ購入で支援ご希望の場合、必ず購入時の備考欄に“高台支援”とご記入ください。 また、お振込でのご支援の場合ですが、現在、コロナウイルスの影響による象たちのご飯代を募集しております為、 ご面倒ですがHP問い合わせより“高台支援への寄付”である事をご連絡頂けますようお願い致します。

新年のご挨拶                            2020.1.1

 皆さま、明けましておめでとうございます。
昨年は、いよいよスタートした第2弾プロジェクトの目標達成に向け、とにかく黙々と資金収集に専念した1年でした。
また、そんな中プロジェクトを知って下さった方からは大変多くのご支援をいただきました。
 そして、今回年末年始にタイを訪問した際には、 皆さまからのご支援についてとプロジェクトが順調である事を現地協力スタッフに報告し喜んでもらうことができました。

 2020年は資金収集に更に力を入れつつ、ボランティアの質の向上を目指します! 昨年1年を通し、自分自身まだまだ努力と勉強が必要!と改めて感じたからです。 その話はまたの機会にさせて下さい。

まずは、本年も皆さまとタイの象達にとって良い年となりますよう✩

7周年アニバーサルイベント報告 2019.7.22

 2019年7月21日㈰、東京都内でアニバサリーのイベントを開催致しました。

今回の参加者は12名。その中には、このイベントの為に名古屋からお越しいただいた会員さんもいました。嬉しいですね~!
今回のイベントの内容は、①超初級タイ語教室~タイ語を好きになって、もっと活動に深く関わろう!~
②代表が7月1日~11日の間に訪れたエレファントキャンプの話、象の話
③みんなでワイワイ楽しく象話、の3本立て。

 タイ語教室については、何でアニバーサリーにわざわざタイ語の勉強なんてするの?と思われた方もいたと思います。
ただ、私の考えではありますが、タイの象達を支援する上でとても重要となるのは、現地の人達を知る事、 それは、本やネット記事でみる歴史や彼らの生活ではなく、現代を象達と生きる彼らの現状を彼らの口から聞くこと。 彼らがどんな種族なのか、また、キャンプンのマネージャーや象使い達はどんな考えを持っているのか。 そこから、自分たちが関わっていきたいと思える相手と出会い絆を深める。それが出来なければこの活動はかないません。
そんな考えから、アニバーサリーだからこそ!絆メンバーの皆さんに活動に深くかかわる為の第一歩を提供できないか、 なにか意味のあることをしたい!と思い今回のタイ語教室を実施しました。
 なんと、今回参加頂いた方の半分以上がタイ語初級レベルの方でしたので、タイ語初心者のサポートをメンバーさん自信が やってくれる、という嬉しい場面も多々ありました。
勉強というイメージではなく、タイ語に馴染む、タイ語を好きになってもらうことを目標とし、 象語(象使いさんが使用している、ぞうに対する言葉)を元に、エレファントキャンプで困った時に役立つタイ語や エレファントキャンプのスタッフや象使いさんがお客さんに対して、よく口にするタイ語を学びました。
 


 また、今回、イベントの2週間前に私がチェンマイを訪問していたこともあり、 現地滞在中から、せっかくならば今回の話やその時に得た象についての話を伝えよう!と思っていましたので、 動画やクイズを交え、皆に象について知ってもらうコーナーを用意。
まずは、今回訪れた4カ所のエレファントキャンプの紹介とそこで起こった出来事、象の様子をお話しました。
 その後の動画で象達の行動を見てもらい、それがいったいどういう感情を表すのかグループに分かれて考えるクイズでは、 みんなの動画を食い入って見る姿とそこから幸せを感じている様子が、まさに象との絆のメンバーさん達らしく微笑ましい姿であり、 みんなの象大好き空気で満たされた瞬間でもあって、とても印象的でした。

その後、まだまだお伝えしたい象話を残しつつ、みんなでワイワイ象話しを楽しみイベントを締めくくりました。

みなさんが楽しんでくれたおかげで、とても素敵なアニバーサリーイベントを開催する事が出来たと思っています。
遠方からご参加頂いたメンバーさん、いつも参加下さっている皆さん、私自身もとても楽しかったです。 本当にありがとうございます。

 そして、象との絆は8年目を迎えました。「こういったボランティア活動を長く続けるのは難しい。」「これだけ続けているのは凄いね」 とよく言われます。ですが、ただただ長く続けれていればいい、と言うものでもないと思っています。
なかなか皆さんに満足してもらえるような活動状況を見える形でお届けするのは難しいところではありますが、 現地の象に関わる人達の声を大切にすること、また、象の幸せを形にしていくことに関しては、 決して無理に急がず、“一歩ずつ着実に”というボランティア設立当初の思いを大切に、今後も続けて行こうと思っています。
尚、これまでの7年間は、比較的ボランティアの形づくりやメンバーさんの輪を繋げ広げることに力を入れ、“楽しく活動”をモットーにやってきました。 ですが、立上げから10年を過ぎた今、現地で見る象たちの現状や自分の感じ方にも変化があり、活動を次の段階に進めていきたいという強い思いがあります。 ですので今後は、自分自身の現地での活動の強化とこれまでに築いてきたことを元に進めていける活動を考えていきます。
それに伴い、今後、わたしが現地に行く時に活動をサポートしてくれる方や日本での活動をサポートしてくれる方を 募集する予定でいます。(面談等有の本気のやつです)話がそれるので、この話はまた今度✩
 ということで、“象との絆”は、これからも、『タイで働く象達を幸せにする為の活動』を惜しみなく続けていきます。
そして、引き続き賛同下さる方のご協力をお待ちしております!
皆様今後ともどうぞよろしくお願い致します☆☆☆

タイフェスティバル2019代々木&第二弾プロジェクト報告 2019.5.29

2019年5月12日(土)、13日(日)に、東京の代々木公園で行われた行われたタイフェスティバルに参加した模様をお知らせ。
また、今回のタイフェスティバルを皮切りに、本格始動した、第二弾プロジェクトについてもご報告いたします。
※第二弾プロジェクトについては、今後、特設ページも開設予定です。

画像をクリック↑↑↑

あけましておめでとうございます 2019.1.1


皆さま、日頃より応援とご支援を頂きましてありがとうございます。
本年より、第2弾としまして、新しいプロジェクトに向かって活動をして参ります。
プロジェクトの詳細につきましては、絆会員様より順次お知らせしていく予定です。
HPでも特設ページを開設してお知らせしていくことを考えていますので今しばらくお待ち下さい。
では、2019年も象たちの為の活動頑張っていきましょう!!
どうぞよろしくお願い致します。

グローバルマーチ2018in上野に参加します

今年もこの時期がやってまいりました!

ゾウとサイの日PRESENTS:
GLOBAL MARCH FOR ELEPHANTS AND RHINOS
ぞうとさいのためのマーチ グローバルマーチ東京

今年は10月6日(土)に開催します。

集合場所は噴水広場の交番前の斜め向かいのお手洗い③の横
雨天決行です!
----------------------------------------------
GLOBAL MARCH FOR ELEPHANTS & RHINOS TOKYO
10月6日(月)第5回 グローバルマーチ東京:動物好き集まれ!
ゾウとサイのために歩こう
6th October (Sat) 5th Global March TOKYO
All animal-wildlife-nature lovers unite!!!!
----------------------------------------------
Global March For Elephants & Rhinos
(グローバルマーチ・フォー・エレファンツ・アンド・ライノス)は、密猟が絶えなく、絶滅に脅かされるアフリカゾウとサイの保護に向けてメッセージを世界同時に発信するために6年前にスタートされたグローバルイベントです。毎年130都市以上が参加していて、東京でも正式に5年前から参加しています。日本は例年とおり、10月上旬に開催いたします。

ご存知のように、アフリカゾウは象牙のために15分に1頭が殺され、サイは犀角のために8時間に1頭が殺されています。
日本はかつて、象牙消費大国としてアフリカゾウの生息数が半減することに加担し、今でも素材として使い続けています。中国が象牙の国内市場を閉鎖してから、現在日本の象牙マーケットは世界最大です。消費国だからこそ、世界と共に足並みをそろえて保護に貢献しなくてはならないと考え、東京は今年もゾウとサイのために上野公園で楽しく親子で参加できるワークショップやゾウとサイの群れになって歩くイベントを行います。

We will be holding our 5th Global March for Elephants & Rhinos TOKYO this year to promote conservation of elephants and rhinos. This is a global event and every year over 130 cities across the world take part. As many of you may know, elephants are killed every 15 minutes, rhinos are killed every 8 hours, both to meet the demand driven mostly by consumption in Asian countries. Please come and join, it is a whole day of fun kids-friendly workshops as well as joining the "herd of elephants and rhinos" to walk in the park event, and by taking part, you can also help elephants and rhinos!!
=========
マーチ概要
=========
10月6日(土)上野公園
集合場所は噴水広場の交番前の斜め向かいのお手洗い③の横
13:00 受付開始(参加は無料)
14:00 グローバルマーチ東京開始
14:30 
15:00 フィードバック会
*参加者同士でイベントの背景や参加意志など意見・感想の交換。

“タイフェスティバル2018”に参加しました

今年は事前準備から会員さんにご参加頂き、理想以上の象ブースを完成させることが出来ました!
それから、タイフェスに参加して以来初めての2日目(片づけ日)の大雨は本当に大変でしたね。
まずは、想像以上に大変なタイフェスとなった中、最後まで笑顔で頑張ってくれた会員の皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして、ご協力ありがとうございました。

タイフェスに参加が出来るかどうかあまり自信が無かった今年。タイパンツなど商品の在庫も十分ではなく、 3月にタイフェス参加が決まってから慌ただしい毎日を過ごして来ました。 特に、タイパンツに関しては、開催直前のGWに80本仕入れることになり、それでも心よくタイでの仕入れを手伝ってくれた 会員さんには本当に感謝しています。(たった80本?と思うかもしれませんが、布って本当に思いんです!) その上、タイパンツと一緒にタイで仕入れた象ストール50本近くを旅行中にも関わらず手分けして持ち帰ってまでくれました。
本当に象との絆の会員さんは温かい人ばかりなんです。

そんなこんなで、当日は象好き達の象への愛がつまったブースを完成することが出来ました!
また、昨年までは、ブースに着て頂いた方に興味があればHPを見てもらいボランティアを知ってもらう、 というスタイルでやってきましたが、今回はボランティアの活動やタイにおける象達の現状・歴史等をブース内に貼りだし、 せっかくならば、着て頂いたかたみなさんに象達の事を知ってもらおう!というスタイルに変えたおかげで これまでに無い出会いや収穫があったと思います。

2018年もどうぞよろしくお願い致します。

ボランティアオリジナルLINEスタンプ企画 ~販売開始のお知らせ~ 2017.4.28

象が大好きな皆さんの書いた象達がついにスタンプになりました‼
第1弾は10名の方にご参加頂きましたよ☆皆様本当にありがとうございました。
 ☆R・Iさん (おはよう・うれしい・どう?)
 ☆えつこさん (分かったー!) 
 ☆エリナさん (?・ハート♡・おめでとう)
 ☆郁ちゃん (ありがとう・いいね・楽しみ・りょうかい・ぺこり・おつかれさま・えー!?・ステキ)
 ☆玄君 (こんにちは・おやすみ・ワーイ・怒る)
 ☆大河くん (よろしく)
 ☆てつろうくん (ひみつ)
 ☆みきさん (なんてこった)
 ☆ももかちゃん (いきまーす)
 ☆Mari (お腹すいた・はーい・だいじょうぶ・仕事中・また明日・待ってるね・帰りまーす・何でもいいよ・HAPPYBIRTHDAY)
カタカナでタイ語が入っているのでスタンプを使いながらタイ語も覚えてみて下さいね♪
(“お疲れ様”などはタイ語で全く同じ言葉が無い為、“疲れたんじゃない?”などの簡単で近い言葉を使っていますよ~)
こちらのスタンプの収益は全て国内のイベント参加費に使用させて頂きます。
皆様、ご協力の程よろしくお願い致します!!

スタンプのご購入はコチラから

ボランティアオリジナルLINEスタンプ企画 ~あなたの描いたゾウがスタンプになるよ♪~       2017.2.10

2017年第一弾企画としまして、fecebookで参加募集を呼びかけさせて頂きました。
今回参加頂きました象好きさん達には、現在デザインを作成頂いております☆
3月中にはデザインを完成させ、LINEスタンプとして申請・販売開始を目指します‼
いろんなカラーの象がセットになったオリジナルLINEスタンプを皆様お楽しみに☆

また既に、タイから出稼ぎにきた象吉のスタンプも発売中‼
こちらの収益は、国内イベントへの参加費用に充てさせていただきます。

     スタンプ購入はコチラから        スタンプ購入はコチラから

KIZUNAイベント~象のボランティアならではのタイ語教室~を開催しました   2016.3.12

3月5日(土)、東京の神田にあるレンタルスペースを利用してタイ語教室を開催致しました。
スタッフを含め総勢20名でのタイ語教室は先生以外は女性(*^▽^*)
今回なんと!徳島県、愛知県、栃木県からメンバーの方々がはるばる参加してくれました!!

お昼の13時から2時間という短い時間ではありましたが、参加者の名前をタイ語で教わったり、象を調教する時の言葉や、象の好きなたべもの好きなことなど、とにかく象尽くしでタイ語を学びました。
そしてそして、ご協力いただきましたのは、チェンマイ出身のドイ先生☆
 
タイでツアーガイドを務めたこともある話上手なドイ先生。
今回、私達からのボランティアとしての参加依頼を心よく引き受けてくれました。

お昼の眠くなる時間帯ということもあり、まったりな感じで進行したタイ語教室でしたが
 
最後は、タイの象の歌(プレーンチャーン)を合唱♪
この歌、タイでは小さいころに習うためタイでは知らない人はいないらしいです。
日本の象の歌「ぞうさん」のタイバージョンと言ったところですね。
イベント直前は緊張度MAXだったドイ先生でしたが、最後は象の真似をしてしまうほど楽しんでくれたようでした。

ここで、勉強した内容を一部ご紹介。
こちらは、象使いさんが象を調教する時に使う言葉です。
หมอบลง(モープロン)ふせる
ไป(パイ)進む
ขวา(クワー)右に曲がる
ฃ้าย(サーイ)左に曲がる
ฮาว(ハーウ)/หยุด(ユッ) 止まる
อยา(ヤー)やめて!※やってはいけない事をした時。
ตํ่าลง(タムロン)頭を下げて欲しい時
เก็บบน(ゲップボン)落ちた物を鼻で取ってもらう時
นอนลง(ノーンロン)横になる
ดีดี(ディーディー)良い子、Goodなど褒める時
象に指示を出す言葉は、キャンプによって少し違ったりもします(*^▽^*)

ドイ先生の感想
『皆様、タイとタイの象に興味を持って頂いてありがとうございました。僕も象キャンプのガイドをしていたこともあってこれからも象が大切にされていけるといいな、と願っています。皆様とお勉強が出来て楽しかったです。』

ご参加頂きました皆さん、本当にどうもありがとうございました‼
次回は、メンバーさんと動物園♪など今年はいくつかイベントを計画していますのでお楽しみに&皆さんのご参加お待ちしております。。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。

ボランティア立ち上げから約三年半。
出口の見えない閉塞感を抱えていた私たちにようやく光が見え始めたのが 一昨年に始動した「象のためのクリニック設立プロジェクト」です。
皆さまやタイ現地からの協力を得て昨年末に象専門クリニックをほぼ完成させることができました!
プロジェクト第一弾ということで力不足な所も多々ありましたが、
皆さまの心強い支援のおかげで私たち2人では到底不可能だったであろうプロジェクト実現に向けて着実に前進できました。

今年はクリニック運営維持という新たな試練が待ち受けています。
応援してくれる皆さまへの感謝の気持ちを忘れず、「タイの象たちの幸せ」をさらに追い求めていきたいと思います。
どうか皆さま昨年に引き続き今年もよろしくお願い致します。

3rdアニバーサリーイベント

8月2日、象との絆の3周年アニバーサリーイベントを行いました☆

今回のイベント内容は『みんなでタイ料理を作ろう‼』ということで、都内のおしゃれなキッチン付レンタルスタジオに集合!!

 
そして、ただタイ料理を作るのではなく、5月のタイフェスティバルで出会ったボランティア団体“タムハイキン”の方々にタイ料理の作り方を教わるという共同イベント!!
※タムハイキン…日本語で、作って食べさせてあげると言う意味。日本でタイ料理を広める為に活動している団体。
日本ではタイの食材が手に入りにくい為、日本の食材を使用して教えてくれます。

左から:ポーンさん、アップさん、サーイさん
 
サーイさんがタイ料理の作り方をレクチャー、ポーンさんがその様子を撮影し、後日YOUTUBEにUPしてもらえるとの事。今回は助っ人のアップさんが加わった3名のタイ人さんがきてくれました。
ちなみに今回作ったタイ料理は、ソムタム、ガイヤーン、ラープの3種類にもち米を加えた北タイ料理三昧。


 
左:ラープムー 右:ソムタム
ガイヤーン
初めての事にスタッフも参加者の皆さんも最初は探り探りという感じでしたが、あっと言う間に皆笑顔でタイ料理作りにのめり込んでいました♪
 


簡単な自己紹介から始まり、その後3グループに分かれ1種類ずつ料理を担当して作りました。

ソムタムの下準備が予想以上の重労働と知ってソムタム班が無言になったり、作り方を聞くのに集中し過ぎて焼いている鶏肉が放置状態...。サーイさんの「鳥さん大丈夫~?!!!」という声が響いたり、 玉ねぎの強烈な匂いに誰もラープ班に近づけないという事象が起きたり、終始予想外の事が起こり笑いが絶えませんでした。
皆さんの楽しむ姿を見てスタッフも幸せいっぱい(*´▽`)
   

  

   
設定していた3時間は予想以上に短く、最後は時間が押しに押しになり、残り30分で食べて片づける!!と言う結果に(*_*;
  
参加者の皆さん、食べる!!という大事なところで急がせてしまってごめんなさい☆
レンタルスペースの予定時間は少し過ぎてしまいましたが、最後に皆さんが猛スピードで片づけを分担してくれたおかげで何とかなりました!
こういう時女性が多いとやっぱりいいですね♪
参加者の皆さん本当にありがとうございました!!

また、タムハイキンさんが撮影した当日の様子がYOUTUBEにUPされる予定です。
タムハイキンの皆さんもこんなに大人数を一度に教えるのは初の試みだったとおっしゃっていました! もちろん私達も初めの事だったので動画の出来上がりが楽しみですね♪


今回ご一緒させて頂いた“タムハイキン”のメンバー、サーイさん、ポーンさん、アップさんから今回のイベントについてのコメントを頂きました。

<サーイさん>
วันที่ 2 สิงหาคม ที่ผ่านมา ได้มีโอกาสสอนอาหารไทย อาทิเช่น ส้มตำ ลาบหมู ไก่ย่างและข้าวเหนียว ให้กับกลุ่มความผูกพันกับช้าง จำนวน 12 คน ในเวลา 3 ชั่วโมง เป็นช่วงเวลาที่สนุกสนาน และโกลาหลในการทำมากๆ เพราะเป็นครั้งแรกในการสอน และถ่ายทำรายการ ที่มีนักเรียนเยอะขนาดนี้ แต่ถึงจะวุ่นวายขนาดไหน นักเรียนทุกคนก็มีความกระตือรืนร้นและมีรอยยิ้มอยู่บนใบหน้าเสมอ ทำให้รับรู้ถึงความตั้งใจของทุกคนที่มาร่วมเรียน รวมถึงทีมงานกลุ่มความผูกพันกับช้างที่คอยดูแลความเรียบร้อยเป็นอย่างดี รู้สึกขอบคุณที่นอกจากทางกลุ่มฯจะช่วยดูแลช้างไทยโดยสมัครใจแล้ว ยังสนใจที่อยากเรียนรู้ถึงวัฒนธรรมของไทยอีกด้วย ขอขอบคุณมากๆ นะคะ โอกาสหน้าคงได้มีโอกาสมาสอนให้คนที่สนใจอีก และถ้าหากมีอะไรให้พี่ช่วย กรุณาแจ้งมาได้ตลอดเวลานะคะ      พี่ทราย  รายการทำให้กิน
8月2日にタイ料理教室を行いました。絆メンバー12人と一緒にソムタム、ラープ、ガイヤーン、もち米を作った3時間はとても賑やかに楽しく過ごせました。
こんな大人数を教える上に撮影もして、という事がはじめてで皆に窮屈な思いをさせたと思いますが、皆さんずっと笑顔で熱心に取り組んでいて皆さんのタイ料理に対する情熱を感じることができました。またボランティア“象との絆”の礼儀正しさも垣間見れました。
タイの象を支援しようというだけではなく、タイの文化にも興味を持ってくれてどうもありがとう。
また機会があれば、そして皆さんの興味があればいつでも声をかけて下さいね。
                           サーイ タムハイキン


<ポーンさん>
ทางรายการ ทำให้กิน ขอขอบคุณ ทางกลุ่ม ความผูกพันกับช้าง ที่ได้รวมกิจกรรม กับทางรายการ สนุกมากครับ ห่วงว่า เราจะได้สนุกกันอีน่ะครับ ขอบคุณครับ
絆メンバーの皆さん、僕たちが活動しているタムハイキンに参加してくれてどうもありがとうございます。とても楽しい時間を過ごせました。
また一緒に楽しい時間を過ごせることを楽しみにしています。 ポーン


<アップさん>
รู้สึกดีใจในฐานะคนไทย ที่มีจิตอาสาไปช่วยดูแลช้างที่ประเทศไทย เปิดคลีนิคให้ช้างอยากขอบคุณและยินดีช่วยเสมอถ้ามีโอกาศผมแวะไปที่แม่แตงแล้วเจอกันนะครับ
タイの象を支援しようと活動している団体が日本にいることにタイ人としてとても嬉しいです。
象のクリニックの設立は象たちの幸せに繋がるでしょう。
もし機会があればメーテンへ立ち寄りたいと思います。その時はぜひお会いしましょう。 アップ

早くも次回のイベントを考え中です☆☆☆
今回ご参加頂いた皆さん、ご都合が合わず参加出来なかった皆さん、是非次回また笑顔でお会いしましょう(*‘∀‘)

タイフェスティバル2015in代々木

      

5月16日17日、代々木公園で行われたタイフェスティバル2015に今年も参加しました。

 去年、一昨年に続き3度目の参加となりましたが、例年同様に活動内容を伝える為の展示に関する課題は多く、直前まで試行錯誤を繰り返しました。       
 タイフェスでは、私たちのボランティアをよく知っている方、象に関心のある方、ただタイが好きな方、何かわからないけどちょっと覗いてみるという方も多くいらっしゃいます。 その中の1人でも多くの方に興味をもってもらいたい!私達を知ってもらいたい!と言う思いから、去年のように自分達の理想や目標をただみてもらう展示ではなく、現状を解りやすく伝える展示を目指しました。
と言っても、手の込んだことはせず、模造紙2枚に写真を使うというシンプルな方法を取りましたが、去年より多くの方から反応を感じる事が出来ました。
 

それ以外にも、去年好評だった象達の写真の展示、TVモニターにはタイで働く象達の映像を流しました。

今年もモニター前には子供ちゃんが(*^▽^*)ちょー真剣に見てくれてます♪

もちろん展示も大切ですが、クリニック建設の為の資金集めも大切!!と言うことで、今年はタイパンツのカラーを20色も揃え色選びを楽しんでもらえるよう工夫。
色の多さに皆さんかなり迷われてはいましたが、珍しい色も揃えていたので満足頂けたようでした♪
↓スタッフ、一生懸命タイパンの良さ&履き方をレクチャー中!!

雨模様で始まったタイフェスでしたが、今年も沢山の笑顔で締めくくる事が出来ました。


今年も2日間頑張ってくれたお手伝いの皆、ブースへ遊びに来て下さった皆さん、差し入れと暖かい応援の言葉を下さった皆さん、本当にありがとうございました。
今年こそは皆様からお預かりした資金をタイの象達の為に使いたい!!と日々意気込んでるスタッフ一同。
とはうらはらに、タイの動きは鈍く...待ちぼうけをくらう日々...気長に待つしかないようです。

タイフェスティバルの詳細はまた改めUPします(*'▽')/       

新商品トートバッグ 2015.4.27

キャンバス地のトートバッグが完成しました♪       
Mサイズはナチュラルとネイビー、Lサイズはナチュラルとブラックで使いやすい色をご用意。       
プリントのカラーは写真以外にもありますのでお楽しみに(*^▽^*)       
タイフェスティバルの店頭にて販売開始となります。       
これからの季節ちょっとしたお出掛けのお供にいかがですか?       

新商品のご紹介 2015.4.7

今年もタイフェスティバルから新しい商品を販売致します。
新しいデザインは象の親子が寄り添う後姿♪       
Tシャツ、トートバッグ、ステッカーを販売予定です。       
商品が完成しましたら写真をUPしますのでお楽しみに~☆☆☆       

タイフェスティバル2015in代々木出店決定!! 2015.4.7

5月16日、17日に東京の代々木公園で行われるタイフェスティバルに今年も参加することが決定致しました。       
年々出店応募数が増えていると聞くので毎年発表の日をドキドキしながら迎えています。       
先月末に出店の発表があり無事参加が決定しましたので、先週末今回の出店に向けてミーティングを行いました。       
今年は昨年皆様から頂いた感想や提案を元により良いブース作りを目指しています。       
またタイフェスティバルから販売開始の商品もありますのでお楽しみに♪       
今年もタイエレファントホームとの共同出店となります。
http://www.thaifestival.jp/jp/       

HPリニューアルのお知らせ 2015.4.1

去年の夏に管理人のPCが壊れて以来、半年以上ぶりのご挨拶となります事をお詫び申し上げます。
また、これを機にHPをリニューアル致しました。       
新しいHPは、皆様によりタイの象たちの現状や私達の活動を解りやすくお伝え出来るものにしていきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。       

ページのトップへ戻る